2010年12月17日

『ナサケの女』

【タイトル】
『ナサケの女』

【放送日&放送局】
木曜日よる9時から テレビ朝日系列

【出演】
米倉涼子・柳葉敏郎・塚本高史・飯島直子・泉谷しげる・武田鉄矢 ほか

【コメント】
このドラマは、東京国税局・査察部を舞台にした脱税を摘発する査察官を描いたドラマです。

元ヤンキーで、突然の抜擢で東京国税局勤務となった松平松子(米倉涼子)。誰ともなじまず、時には暴走とも思える強引かつ大胆な調査で嫌疑者を追い詰めて行く。

『黄金の豚』では、徴収した税金の無駄遣いを暴いていますが、こちらはその前段階の脱税を暴くドラマとなっています。また、組織の枠にはまらず信念を貫いて突き進むという、似たようなキャラクターの女性調査員の活躍を描いたドラマで、比較しながら見てみると面白いですね。

『黄金の豚』に出てきた「年増園」は行ってみたいですが、このドラマに出てくる「鉄子の部屋」はあまり行きたくないですね。

それと初回ゲストの菊池桃子が良かったですね。ただ、菊池桃子の悪人役は始めてみた気がしますが・・・。

基本的に1話完結で大変見やすいドラマです。

【お奨め度】
★★★★☆
「脱税するやつは、日本の道路を歩くな」という決めゼリフはカッコいいですね。


<米倉涼子主演ドラマ、DVD−COXも大人気!>
  

  

<『交渉人』は映画も大ヒットしました>

posted by 勝手気ままな評論家 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ナサケの女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。